19世紀に「ソーヴィニヨンの白ワイン」として販売され、
1920年からは「パヴィヨン・ブラン・ドゥ・シャトー・マル
ゴー」として存在するこのワインのラベルは、新たな法
律情報を除いては、当時から変わっていません。

12ヘクタールのブドウ畑には、ソーヴィニヨン・ブラン
のみが植えられています。現在、この畑は、1955年の
公式境界画定の際に春の霜のリスクが高かったことか
ら、マルゴーのアペラシヨンを維持しなかった非常に古
い区画の中にあります。パヴィヨン・ブラン・ドゥ・シャト
ー・マルゴーは、楢の木でつくられた大樽の中で7ヵ月
~8ヵ月熟成されたのち、ボトルに入れられます。若い
パヴィヨン・ブランの味は驚きを超えるものです。繊細
さ、複雑さ、豊かさと味や香りが長続きするという特徴は、
100%ソーヴィニヨンでつくられたワインにとってはずば
抜けたものです。まだワインが若いにもかからわらず、
すぐに飲みたいと思う欲望に駆られてしまいます。しかし
ながらパヴィヨン・ブランの熟成は非常に良好で、30年
以上に渡り良く熟成し続けることもあります。アロマはよ
り繊細にとろけるようになり、上品になっていきます。