シャトー・マルゴーのセカンドワインは19世紀に姿を現
しました。これは、1908年にパヴィヨン・ルージュ・ドゥ・
シャトー・マルゴーと名付けられました。1930年代から
70年代半ばまでの落ち込みを経験した後、その生産は
1977年にアンドレ・メンツェロプーロスによって再開され、
その後初めのワインの品質を向上するために続けられま
した。数年前から、サードワインのセレクションが、今度
はパヴィヨン・ルージュの品質を高めています。

これは、ブレンドの際に、シャトー・マルゴーとなるために
貯蔵されたワインではないものを基に作られています。区
画の中には最高のブドウを作り出さないものもあります。
その中では、ブドウの木の若さが重要な役割を担っていま
す。樹齢10年、または14年に満たない場合、もしくは一部
のケースではそれ以上の年齢にならないと、区画のブドウ
の木はフルーティーでタンニンを含むワインを生産しても、
古い木が作り出すような複雑で味わい深く、豊かなワイン
を生み出さないのです。今年、パヴィヨン・ルージュの品質
は1番目のワインの品質と類似する出来でした。同じ伝統
的な醸造技術と大樽で熟成するという方法を用いています
が、たいていシャトー・マルゴーよりも3、4ヵ月早くボトルに
入れられます。というのは、ストラクチャーがより繊細である
ため、長く熟成する必要がないからです。優れたミレジメの
中にある、素晴らしく熟成する可能性を保ちながらも、瓶の
中で早く変化するため、早いうちに飲んだ方が良いのです。