17世紀

ベルロン

所有者の能力やイノベーションのおかげで、年月がたち、世紀が変わるにつれ、シャトー・マルゴーのワインは徐々に優れたワインになりました。18世紀初頭の土地管理人ベルロンによってなされた進展は特筆すべきものでした。
続きを読む
所有者の能力やイノベーションのおかげで、年月がたち、世紀が変わるにつれ、シャトー・マルゴーのワインは徐々に優れたワインになりました。18世紀初頭の土地管理人ベルロンによってなされた進展は特筆すべきものでした。

当時ブドウの品種はすべて混ぜて植えられていましたが、ベルロンは初めて、赤ブドウと白ブドウを別々に発酵させました。彼は夜明けにブドウを収穫するべきではないと主張しました。その理由は、「ブドウが露に覆われているため、朝収穫すると湿度過多となりその色が薄くなるため」です。これは、現在のワイン醸造の始まりです...

また、ベルロンは土壌の大切さについても理解しており、最も優れた区画をすでに知っていました。テロワールの影響が明らかになります...

ブドウ栽培地の寿命は、テロワールの素晴らしい性質を見出し、それに価値を与えることを知った管理人、栽培者、醸造責任者といった人々の才能と等しいのです。