1830年

アレクサンドル・アグアド

ラ・コロニヤ侯爵の子どもたちはドメーヌに興味を持たなかったため、ドメーヌはアレクサンドル・アグアドに売却されました。彼は、ボルドーの大きな城を購入した最初の銀行家です。その資産は莫大なものであったため、シャトー・マルゴーは彼にとって資産を増やすための方法ではなく、どちらかというと優雅で快適な滞在を楽しむ場所でした。
続きを読む
ラ・コロニヤ侯爵の子どもたちはドメーヌに興味を持たなかったため、ドメーヌはアレクサンドル・アグアドに売却されました。彼は、ボルドーの大きなシャトーを購入した最初の銀行家です。その資産は莫大なものであったため、シャトー・マルゴーは彼にとって資産を増やすための方法ではなく、どちらかというと優雅で快適な滞在を楽しむ場所でした。

アグアドは比較的すぐに金融業から引退し、「シャトー・マルゴー」というサルスエラを作曲したロッシーニのパトロンとなったのです!

1836年、彼は比較的若くして他界し、ルーブル美術館に素晴らしいイタリア絵画とスペイン絵画のコレクションを遺贈しました。その遺産の中心はナポレオン3世の装飾でした。これは当時を良く表しているもので、中心的なものは、ジネステによってドメーヌがアンドレ・メンツェロプロスに売却されるまでそのまま残されていました。